うちくだけー

YouTubeに『シドニアの騎士 あいつむぐほし』の最新トレーラーが上がってたので視た(´_ゝ`)

つってもアップされたのは一週間前くらいみたいだけど。

このまま5月に何事もなく公開してくれればいいが…どうなんだろね。

新宿バルト9だし、人がたくさんいるところに行くのは気が引けるよね。

でもできればこの作品は劇場で観たいなぁ(´_ゝ`)

BLAME!』も映画館で観たし。
あまりの良さにDVDも買っちゃったしね。

というか、ポリゴンピクチュアの作品はけっこう劇場で観てるな…
ゴジラのアニメの三作品も全部映画館行ってるし。
それまで『シン・ゴジラ』以外のゴジラ観た事なかったのに。

とにもかくにも楽しみではあるので公開中止とかにはならないで欲しい。
延期はともかく。

以前のように気兼ねなく映画館行けるようにならんかなぁ…(´_ゝ`)

すとろーく

キーボードがちょい壊れ気味。
リターンキーがたまに埋まったまま戻らない(´_ゝ`)

凄い勢いで改行していく…

まあこれもそこそこ使ったしね。
確か600円で買ったんじゃなかったか?

いつも通りコピペを多用するためCtlとCとVのキーは文字が消えるどころかちょい凹んでるし。
あと検索のためかFのキーもほぼ消えて凹んでる。

いま使ってるのはBuffaloのやつで、DELLのPC買ったときに確かキーボードも付属してきたはず。

なので部屋を探索すれば発掘できるとは思う(´_ゝ`)

それにしてもここ最近、いろいろと連続して不具合やら壊れたりやらしてるなぁ…
電子機器ってそういうところあるよね。
壊れるときは何故か一斉に。

ちなみにモニタは15年くらい使ってると思うのだが、いまだに現役。
古い方が丈夫なものってあるよね(´_ゝ`)

ちゃとり

昨日の大会のONE Championshipの試合がYouTubeに上がってるやつをつらつら視てたら、青木VSジェームズナカシマもあったので視てみた(´_ゝ`)

途中で気付いたけど、コレ公式じゃない。
やたら雑音がうるさいと思ったら…

まあ視ちゃったものは致し方ない。
というか公式の「次の動画」に違法なのきちゃうのってアリなのか?

そして4月にはデメトリアス・ジョンソンとアドリアーノ・モラエスの戦いがあるとかないとか。

本来なら一年前に行われていたタイトルマッチだからね。

楽しみでならん(´_ゝ`)

それにしても世界と日本の格闘技熱の差が大きすぎる気がする。
もっと人気あってもいいのになぁと思うんだが。

茶番みたいな話題性重視の試合やらなくちゃいけない状況を脱して欲しいなぁ…

ガチファイトだけでも十分に興行が成り立つように運営側に頑張ってもらいたいね(´_ゝ`)

かみいら

マルホランド・ドライブ』を視た(´_ゝ`)

デイヴィッド・リンチは『イレイザーヘッド』視て以来だなぁ。
視ようとは思いつつも先延ばしにしてた理由は、他の人たちと同じで「リンチだから」。

そして視た結果、やっぱりリンチだった。
わけわかんね(´_ゝ`)

まあリンチ作品にストーリー的な整合性とか合理性とか求めちゃいかんのだろうね。

わけわからんかったけど、『イレイザーヘッド』よりは面白かったかな。

ただ、これ系はひとつの作品として仕上げるのに相当な力量がいるだろうね。
一歩間違えば駄作になるし。

好きな人は好きかもしれんが、嫌いな人はまったく受け付けないだろうなぁ…

あ、ナオミ・ワッツのおっぱいで評価上げてる部分はかなりあるかも。

おっぱいは正義(´_ゝ`)

べいべいべいず

しばらく本屋に行ってないので新刊というか新しい本をチェックできていなかったけど、『データ分析のための数理モデル入門』の人の新しいのが出てた(´_ゝ`)

タイトルは『分析者のためのデータ解釈学入門』で、先月の半ばくらいに発売してたのね。

前著も読みやすく分かりやすかったので、今回のも買おうと思う。

ただ今は読むべき本が山積みなので、本屋に行ったタイミングでいいかな。

急ぎじゃない場合はなるべくリアル書店を利用したい(´_ゝ`)

セールしてたりポイント期限が迫ってたりする場合は電子書籍で購入することもあるけど。

本好きとしては、やっぱり本屋が無くなってくのは寂しいからね(´_ゝ`)

ろでぱいぱ

ゼイリブ』を視た(´_ゝ`)
1988年の映画。
古いしB級なのだが、ずっと観ようと思ってた作品。

10年くらい前、職場で「一番好きな映画は?」みたいな話題になったときに、同僚が挙げたのがこれ。

トム・クルーズ主演だよ」って言ってたので、俺もずっとそうだと思ってた。

彼のフィルモグラフィーになかったので、「それだけマイナーな作品なんだろうな」と逆に興味を覚えたので記憶してたんだと思う。

実際の主演はプロレスラーの人。
トムさんとも別に似てない。

奴はいったい何を勘違いしていたんだか(´_ゝ`)

テレビで視て相当面白かったんだと語ってたけど、好きな映画の主演俳優を間違えて覚えてるってのは俺からしたら有り得ない。

まあテレビ放送時は小学生くらいなので仕方ないといえば仕方ないけど。

ちなみにこれまでの人生において、他人から勧められて面白かった映画ってひとつもない。
やっぱり個人個人で感じ方違うしね。

なので俺も、好きな映画は他人には勧めない。
そいつが好きそうな映画ならいくつかピックアップしたりするけど(´_ゝ`)

本とかマンガも同じ。

そして大抵、勧めてもすぐには視ないし読まない。
俺も『ゼイリブ』視るまで10年かかったしね。

ゆびきたす

『コンピュータの時代』ぜんぶ視終わった(´_ゝ`)

新しい情報として得るものは当然ないわけだけど、1988年当時の空気感が分かるのは面白いね。

あとブノワ・マンデルブロー、フィッシャー・ブラック、マーヴィン・ミンスキーが生きて話してるのも貴重。

マーヴィン・ミンスキーにはあと2~3年生きて、今のAIブームを見て欲しかったなぁ…
ILSVRCでディープラーニングが注目されるようになったのは2012年だけど、一般へのブームは2018年くらいからだからね(´_ゝ`)

それからみんな大好きトロン回。
まさに番組内では現在進行中のプロジェクトなわけで、未来の我々から視ると結末を知っているため色々言いたくなる部分があるよね。

思った通り、他の回に比べてコメントが多い。
そして昔は「アメリカに潰された」って思ってたけど、今改めて見ると日本の悪い部分が出ちゃってるなあ、という気がしないでもない。

結果として、技術力は高くても運用能力は低い日本特有の問題が当時から今現在においてずっと続いてる。

たとえばコロナの接触確認アプリとかも、おそらく下流の人たちは「ここはこうした方がいいんだろうなぁ」と思いながらやってるけど、政府とか上流の人たちが策定した仕様を、欠陥があろうともそのまま実装しちゃってる感がある。

「ここ、これじゃマズいですよね」とか、俺でも絶対に上司に言わないもん(´_ゝ`)
クソなアプリとかソフトであっても、言われた通りコード打ってればお金もらえるし。

余計なこというと修正で仕事増えて面倒くさいし。
「よりよいものをつくる」というインセンティブが働かない仕組みを作っちゃった日本の社会が、IT後進国になっちゃった原因なんだよね。

技術力のあるエンジニアがこれだけ大勢いるのに、まったく活かされていない不思議な国。
トロンも、アメリカに潰されてなかったとしても、結局PCのOS戦争では敗北したんじゃないかなぁとこの番組を視ながら思ったのでした(´_ゝ`)

いや、トロンそのものは負けてはいないけど。

あと技術者の視点とユーザ側からの視点で感想とか変わってくるだろうね。