くろねっか

Pythonでの数値計算に関する本を読んだ(´_ゝ`)
難しい。

数値計算については、20年以上前にC言語でやるやつを買って勉強したこともあるが、その時からあまり変化してないなぁという印象。

NumpyとかScipyとかのライブラリがあっても、やっぱり難しいのは変わらん。

こういうのをやると、やっぱりコンピュータは数学が苦手なんだなぁと思う。
数学を数値計算にしないと処理できないわけで(´_ゝ`)

がしかし。
今回はがむしゃらにコードを打ったり勉強したりしたわけじゃなくて、実験的な読み進め方をしてみた。

簡単にいえばChatGPTを使った。
固有値を求めさせたりLU分解させたり。

生成AIのおかげでプログラマがいらなくなるとか、コード書かなくて済むとかいう話がまことしやかに語られているが、逆だと思う。

ChatGPTによって、面倒な環境構築やエラーへの対処も容易になるし、ダミーデータを簡単に作成してくれたりテスト駆動での開発もスムーズにできるようになる。

むしろ誰もが簡単に身に付けられるスキルだからこそ、「プログラミング+α」の能力が簡単にビジネスに活かせるようになるんじゃないかな。

その「+α」の部分はコモディティ化されていないものが必要なわけだけど(´_ゝ`)

 

くれあでにす


ここ一カ月ほどで視たけどブログには書かなかったひと口映画批評(´_ゝ`)

◆『ザ・セル
24年も前の映画なんだね(´_ゝ`)
ヴィンス・ヴォーンが若い。
当時はこういう系のSFがわりと多かった気がする。

◆『ファイトクラブ
実は視てなかった。
姉の人にネタバレくらったから。
うちの姉の人は映画でもなんでも、オチを平気で言う。
「●●が〇〇だとは思わなかったわー」みたいな。
結末知ってても面白かった。

◆『アサシン・クラブ』
クラブ繋がり。嘘。
よくあるタイプのB級作品。
何も考えずに視る分にはいいと思うよ(´_ゝ`)

◆『トーマス・クラウン・アフェアー
これもまた古い。
ピアース・ブロスナンのイメージがジェームズ・ボンドの頃の作品やね。
トゥモローはネバーdie da ze☆

◆『RONIN』
デ・ニーロ。
浪人を文字ってて、作中にも四十七士(赤穂浪士)の故事を引用してはいるが、あまり関係ない。
珍しいデ・ニーロの喫煙シーンが視れる。

◆『F.L.E.D./フレッド』
ユージュアル・サスペクツが好きで、その流れで当時観に行った記憶があるが、内容はかなりうろ覚えだった。
というか相棒役がローレンス・フィッシュバーンだったことに今回視直して気付いたわ。
とにかく若い。

◆『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』
コミック原作の実写化は賛否両論あるが、やるならこれくらいはっちゃけた方がいいと思う。
原作のテイストを崩さずに仕上げた力量はあっぱれ。

◆『モッド・スクワッド』
「問題児ばかりを集めてチームを作って潜入捜査させました」というストーリーで映画作ったら、だいたいこんな感じになるよねって作品。
やたらに評価低いが、期待せずに視れば悪くはないと思うよ(´_ゝ`)


以上。
最近は色々と時間が取れずに映画あまり視れてない。
そんなには忙しくないはずなんだけどね…

がすとろ

病院行ってきた(´_ゝ`)
といっても定期的なやつね。

今回は、前回採血とか尿検査とかしたわけじゃないので、単なるお伺い。
薬の処方箋もらって終わり。

…と思いきや、胃カメラ検査受けましょうと言われた(´_ゝ`)

ええ、もう1年経つの?

ああ、嫌なことに関しては時が経つのは早いなぁ…
やりたくないが、淡々と話が進み、3月5日に受けることに。

何回やっても慣れないよね。

そして病院から帰ってきたらちょっと調子悪い。
少しだけ寝込む。

そういえば処方箋もらって薬局行って、初めて保険証じゃなくてマイナンバーカード使ったな。
こっちの方がいいと言われたのでやったが、初回だったので読み取ったあとに色々アンケートみたいなのに答えさせられた。

次からは読み込むだけで済むんかな?

とりあえず来月は2回病院行くことが確定した(´_ゝ`)

まいくろうえいぶ

電子レンジ壊れた(´_ゝ`)
壊れたというか、扉が開かない。

ガチャガチャやって、なんか運がいいと開くには開くんだが、多分もうダメ。
このままだと中にモノを残したまま閉じ込めてしまうことになりかねないので、新しいのを買うことにした。

今使ってるやつでまったく問題ないので、同じのを買おうとしたらもう生産してないんだと(´_ゝ`)

買ったのが2019年の年末だから、ほぼ4年前。
4年でもう世代が変わっちゃうのね。

後継機が売られてたのでそれを買う。
残り1台だった(´_ゝ`)

値段は2万円ほど。
前に買ったときは1万5000円くらいだったから、やっぱり色々物価は上がってるんだなぁ。

妥当というか、これでも安い方だとは思うが。

それにしても、温めたりする機能よりも先に外部がイカれるとはなぁ…

もったいない気もするが、こうなっちゃうと使いものにならねーな(´_ゝ`)

れんだりんぐ

OpenAIのSoraやべぇな。
テキストからの動画生成でここまでクオリティの高いものを出されると、今後はどれが人の手で作られたものなのかAIなのかが判別つかなくなるね(´_ゝ`)

まあ、多分テキスト入力→一発生成ってわけじゃないだろうけど。
あと生成に時間はかかると思うが。

それでもスゴイ。
現状で確認できるのはOpenAIの発表してるサンプルというかデモばかりだけど、これまでの動画生成系のAIよりもやっぱり一歩進んでる。

一般公開まではもうしばらくかかるとは思うけど、途轍もない時代が来たもんだなぁ。

ちなみにだけど、俺はまだChatGPTの有料版を申し込めていない(´_ゝ`)

先月、拡張機能に課金したついでにアップグレードしようとしたが、現状はなんか有料版に申し込むことができないっぽい。

急ぐことじゃないけど、なるべくなら円高のときに申し込みたいよね。

かげべ

アレクセイ・ナワリヌイ氏が死亡したとニュースで見たが、まあ暗殺だろうなぁ(´_ゝ`)

『ナワリヌイ』というドキュメンタリー映画を視たというのを、10カ月くらい前にこのブログで「プーチンが寿命で死んで、ナワリヌイ氏が刑務所から無事に出たら、彼が大統領になるかも」みたいなことを書いていたが、その将来は完全に無くなったね。

プリゴジンさんもそうだけど、基本的に暗殺するときに隠す気一切ないよね、あの国は。
もはや「暗」じゃないというか。

ノビチョクしょっちゅう使うし(´_ゝ`)

追悼に来てた人たち100人くらいを拘束したとかいうし、もう民主化とか目指せるレベルじゃないね。
天安門よりひどい。

とはいえ日本がマシかと言われれば、日本も日本で自民党の事実上の独裁で好き勝手やられてるからなぁ(´_ゝ`)

じわじわと国民は真綿で絞め殺されて、出生率はどんどん下がってる。

なんで独裁者は自国民を殺してしまうん?
教えてアセモグル先生!

めがすとらくちゃ

『JUNK HEAD』を視た(´_ゝ`)
Amazonプライムの見放題が終了間近ってことで上がってきてたので。

ストップモーションアニメだったのね。

ぶっちゃけ『BLAME!』の世界観にそっくりなので、俺的には非常に面白かった。

BLAME!』よりはややコミカルかな。
まあ、似てるといっても、こういう系の話を考えるとこういう形になっちゃうよね、って感じなので、パクリとかではない。

サイバーパンクっぽさを除けば、むしろストーリー的には王道ともいえる。

三部作の一作目ってことなので今後どうなるか分からないけど。

制作過程を考えると三部作の完結までかなり長い期間を要する気もするが、気長に待とう(´_ゝ`)

単館上映とかじゃなくて近くで公開されるなら、次は劇場に足を運ぼうかな。